カルバトールはジェネリックなので個人輸入で入手

カルバトールはてんかんや精神病による発作を抑える薬になります。この薬はジェネリック医薬品ということもあり、病院で処方してもらう際にほかの薬よりも値段が安いということがあります。しかしジェネリック医薬品は個人輸入でも購入できるということを知っているでしょうか。個人輸入で購入するという場合は、ネットでまとまって販売されているということが多いので5千円前後を目安にしてもらいたいです。このメリットはまとまって薬を購入できるということと病院で受診する手間が省けるという点になります。しかし個人輸入で購入するにはデメリットもあって、病院で受診しないから自分の体質に本当に合った薬であるかということが分かりません。カルバトールは自分の判断で飲むのをやめたりしてしまうと危険な状態になるということが通販サイトの注意書きにもされています。なのでもし自分に服用するというような目的で購入する際には一度病院で受診して相談してからということは必須になってくるのです。副作用の中には日常生活に支障をもたらしてしまうようなものもあります。万が一の時のために持っておくというならばいいかもしれませんが、自己判断で購入するというのはあまりお勧めできない医薬品になります。最近では、ジェネリック医薬品もネット上で売られているというものが増えてきました。ネットで商品を買うというのは便利かもしれませんが、自分の判断で買ってしまうと副作用で後々大変なことになってしまうというようなこともあります。もし、購入を考えていて迷っているというような際には、一度病院で受診してみるといいでしょう。特に精神を落ち着かせる薬には副作用が強いものがありますので注意してください。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

カルバトールはジェネリックでも効果は変わらない

カルバトールはてんかん治療に用いられる薬であるテグレトールのジェネリックとして作られた医薬品です。ジェネリックは現在の日本の医療費負担を減らすうえで非常に有用な存在であるため活用が勧められていますが、しかしながらこれまでテグレトールを使っていた人のなかには「薬が変わるのが不安だから」などの理由でカルバトールを敬遠している人も見られます。ですが実際のところカルバトールだから効果が劣ると言ったことはありません。どうしてそう言えるのかと言うと、カルバトールもテグレトールも名前と外見が少し違うだけであり、使用されている有効成分は全く同じだからです。有効成分名としてはカルバマゼピンとなるのですが、テグレトールの場合は100mgもしくは200mgが配合された上で販売されています。しかしカルバトールもテグレトールと同じカルバマゼピンを配合していますから、有効成分量が同じなのであれば全く同じ効果を期待することが出来るわけです。ただ少々注意が必要なのが、カルバトールはインドの製薬会社で作られたものであり日本国内では処方の認可が下りていないと言うところです。処方の認可が下りていない薬を日本国内の調剤薬局で保険適用で手に入れると言うことはできませんから、入手するのであれば個人輸入によって手に入れる必要があります。その分価格は非常に安くなっていますから、これまでテグレトールを継続的に服用していた人であればカルバトールを利用することで医薬品への支出を減らしつつ全く同じ効果を期待できるようになるわけです。もちろん個人輸入で買うということにはそれなりにリスクもありますから信頼できる業者を選ぶ必要がありますが、病院に行くのが億劫な人や薬への支出を減らしたいということであればカルバトールを選んでみると良いでしょう。

カルバトールを購入する上での注意点

カルバトールはカルバマゼピンという成分を含んでいるインドの製薬会社のジェネリック医薬品であり、てんかんや躁うつ病の治療薬として用いられていてます。先発薬ならば日本でも承認されていて病院で処方してもらう事が出来ますが、カルバトールは日本では未承認であるために病院へ行っても処方してもらう事が出来ないです。ただ、日本では手に入れる事が出来ないという訳では無く、海外の医薬品を個人輸入で手に入れる事が出来ます。わざわざ海外から輸入するメリットがあるのか疑問に思う人にメリットを説明すると、最初にも述べたようにカルバトールはてんかん治療薬のジェネリック品であるので、日本で処方して貰う同じ成分の先発薬よりも価格が安く手に入ります。輸入についても難しい事は個人輸入代行業者が代わりに行ってくれるので、購入者は難しい事を考えなくても手に入れられます。ただし、カルバトールを個人輸入する際には気をつけてほしい事もあります。まず、医薬品については充分熟知している事を前提としていて業者はあくまでも輸入のための手続きを仲介するだけであり、輸入した医薬品の使用については自己責任という事になります。
また、海外の医薬品で日本で未承認という事は、日本人に適しているかどうかというのは充分に調べられていない状態という事になります。主成分は同じであるとはいえ、含有量が日本とは違っている場合があったり、先発薬と全く同じという訳では無いです。安易に服用する事で副作用などのトラブルが生じる可能性もゼロでは無いために、事前に医師に相談するのが望ましいです。そして個人輸入自体が何かとトラブルが多く、偽物が販売されているケースも多いので、十分に信頼できるかどうかを調べた上で購入した方が良いです。

ページの先頭へ戻る